大切な人へ気持ちが伝わる贈り物を贈りましょう

様々な場面で

プチギフトは本来、結婚式の演出の一部として使われていました。

プチギフトは結婚披露宴を行った際や結婚披露二次会の終了時に、 新郎新婦がゲストへ感謝の気持ちやサプライズなどの意味を込めて行う小さなギフトのことです。 一人一人と会話をしながら手渡しできるのが魅力のひとつであり、 キャンドルサービスや披露宴終了時のゲストのお見送りなどの際に手渡しするのが最も多い使い方です。 引き出物とは別に一つのアイテムとしてプチギフトを用いることで、 ゲストへの感謝も伝えやすく、また、パーティに花を添えることができるものです。 近年、ゲストと近い結婚式や披露宴を望む新郎新婦が多く、 直接コミュニケーションが取れるプチギフトは定番化しつつあります。 多くの新郎新婦はお菓子やミニタオルなど、 ゲストがもらって気を使わないものをプチギフトとして使用しています。

様々なシーンや用途に活躍します。

プチギフトの多くは定番化した、お菓子類やタオル、バスグッズ、お茶などですが、 近年、個性をだそうと手作りをする新郎新婦や植物などを送るケースもでてきています。 植物はサボテンなどの鉢植えの場合や占いつきの花の種などとても思考を凝らしたアイテムが多く出てきています。 また、披露宴を執り行う季節感を大切にしたプチギフトも多くあり、 寒い季節はホッカイロ、暑い季節は扇子などゲストのことを思いやる工夫をしているものも多々あります。 また、最近は披露宴での使用ばかりでなく、日常使いしてのプチギフトのニーズも高まってきています。 例えば、近所の人や友人から頂き物をした時のお礼の気持ちとして、 相手に気を使わせないプチギフトは大変重宝します。 また、子供連れでお宅へお呼ばれした際にもちょっとした気持ちを表すのに使用する人も多くいます。 この様に、プチギフトは使うシーンやギフトの内容も多種多様になってきています。